酒を飲みながら運転し事故 和歌山市職員を懲戒免職 *ソース元にニュース画像あり* ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を 今月6日、61歳の男性職員が酒を飲んで車を運転したとして、和歌山市は 29日付けでこの職員を懲戒免職の処分にしました。

懲戒免職となったのは、和歌山市 市民環境局 収集センター北事務所の森本幹也 技術主任(61)です。

森本主任は今月6日、和歌山市内の自宅近くの市道で車を運転中に別の車にぶつけたあと、 そのまま立ち去って自宅に戻り、呼気から基準を超えるアルコールが検出されたことから、 酒気帯び運転の疑いで逮捕されました。

森本主任は、市の聞き取り調査に対し、飲酒運転をして事故を起こしたことを認めたということです。

また、事故を起こした日は、午前中、高速道路を使って御坊市に買い物に出かけたあとの帰宅途中で、 その往復の間も日本酒やビールを飲みながら車を運転していたことが分かったということです。

和歌山市人事課の田中秀和 課長は「市民の皆様の信頼を裏切る行為であり、 信用を失墜させたことを深くおわびします。改めて再発防止に取り組み、信頼回復に努めてまいりま す」と謝罪しました。

06/29 16:53