来月開幕する東京オリンピックについて、宮内庁の池田次長は「天皇陛下が名誉総裁のお務めをつつがなく、安らかになされるよう、関係機関が連携して感染防止対策に対応していただくことがいい」と述べました。

宮内庁の池田次長は、28日の定例の会見で天皇陛下が名誉総裁に就任されている東京オリンピック・パラリンピックについて「それぞれ役割を担う関係機関において安全安心な大会にすべく、努力をなされていると承知をしている。天皇陛下が名誉総裁のお務めをつつがなく、安らかになされるよう、関係機関が連携して感染防止対策に対応していただくことがいいと考えます」と述べました。

また、先週、宮内庁の西村長官が天皇陛下について「オリンピック・パラリンピックの開催が、感染拡大につながらないかご懸念されている、ご心配であると拝察をいたします」と述べたことについては「長官が肌感覚で感じられたことをみずからの考えとして述べたと理解している」と話しました 2021年6月28日 19時41分 NHK