Fashion-press2021-06-29 10:35 更新 富士急ハイランドは、 大観覧車に「牢屋型ゴンドラ」を新設。

2021年7月21日(水)より『お仕おき檻覧車「監ごくん 牢ごくん」』としてオープンする。

大観覧車のゴンドラが「牢屋」に!「監ごくん 牢ごくん」 「監ごくん 牢ごくん」は、高さ50mの大観覧車「シャイニング・フラワー」の全32基のゴンドラのうち2基を“ステンレス網の檻”でつくられた「牢屋」に取り替えるもの。

収監者達は吹きさらしの檻の中で、隙間から遥か下の地面が見えるスリルを味わい、約11分間の“お仕置き”の時間過ごす。

また、眼前に広がる雄大な富士山に向かって自分の罪を懺悔し、出所するまでに少しでも心を入れ替えられるよう、座席は2人掛け横並びの仕様だ。

なお、天井から床に至るまですべてが透明の「スケルちゃん スクムくん」4基も展開されている。

イラスト 【詳細】 お仕おき檻覧車「監ごくん 牢ごくん」 導入日:2021年7月21日(水) 導入数:2基 定員:2名 利用制限:未就学のお子様は中学生以上の付添い者の同伴が必要 利用料金:800円 ※フリーパス利用可 所要時間:約11分 【富士急ハイランド 営業情報】 営業時間:日により異なる。

来園前に公式WEBサイトにて確認。

料金 :入園料無料 フリーパス 7月20日(火)まで:大人6,200円/中高生5,700円/小学生4,500円/幼児(1歳以上)・シニア(65歳以上)2,100円 7月21日(水)以降:大人6,300円/中高生5,800円/小人(7歳以上)4,600円/幼児(1歳以上)・シニア(65歳以上)2,200円 アクセス:車/新宿から中央自動車道で約80分、 河口湖ICに隣接 東京から東名高速道路・御殿場 IC、 東富士五湖道路経由で約90分 バス/新宿から高速バスで約100分、 富士急ハイランド下車 ※首都圏の他、 名古屋、 関西等30ヶ所以上から直通バス運行中 電車/JR中央本線大月駅で富士急行線に乗り換え富士急ハイランド駅下車大月駅から約50分