昨年度に大学院修士課程を終えた学生の16.5%が、奨学金などの借入金を300万円以上抱えているとみられることが29日、 文部科学省の研究所による初の全国アンケートで判明した。

金額は理系の方が高い傾向だった。

在学中から経済的な自立を迫られることもあって博士課程への進学率は激減している。

博士課程の学生は所属する研究室で実務を担うことも多く、給与の支払いを求める声も多かった。

 文科省科学技術・学術政策研究所がアンケートを実施。

1万6311人が答えた。

 修士課程を終えて博士課程に進む学生は激減し、20年度は9.4%。

科学立国を担う人材基盤の衰えが心配されている。