世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム事務局長は、インドで初めて検出された新型コロナウイルス変異体の「デルタ」株は これまで発見されてきたコロナウイルスの菌株の中では感染性は最大で、 ワクチンを接種していない市民の間で急速に感染が拡大しているとする声明を表した。

「デルタ変異体は今まで検出されたCOVID-19の変異体の中でも最大の感染力を持っている。 85か国で検出されており、ワクチンが未接種の市民の間で迅速に拡大している」アダノム事務局長はこう指摘している。

事務局長によれば、WHOは現在、COVID-19の感染拡大が世界規模で進行している様子を把握しており、 これが死者の増加につながる恐れがあると認識している。

新規感染の件数が増えれば、入院件数も増え、この先、健康保健システム、医療スタッフが緊張状態に置かれることになる。

アダノム事務局長は、これが原因となり、死亡リスクも高まると説明している。

「デルタ」と命名されたコロナウイルスの株は昨2020年10月にインドで発見され、その後、日本を含む世界各地に拡散した。