丸川珠代五輪相が29日、定例会見を開き、東京五輪・パラリンピック組織委員会が大会ボランティア約7万人に新型コロナウイルスワクチンの接種を案内した件について答えた。

 26日の案内発表では接種1回目は30日から、2回目は五輪期間中の7月31日からで、2回目を受けずに大会に臨むことに不安の声も挙がっている。

だが、丸川大臣は「そもそもワクチン接種を前提としないで大会準備を進めている。より安心な大会のための接種体制」と指摘。

既に選手との距離が近いボランティアなどへの接種は始まっており、「できるだけ早い段階で接種していただきたい」としながらも「まずは1回目(の接種)で一時的に免疫をつけていただきたい。(8月24日開幕の)パラリンピックのボランティアもいる。どの時期に活動するかも見ていただきながら、組織委員会にしっかり頑張っていただきたい」と話した。