日々発表される統計や調査の結果を読み解けば、経済、健康、教育など、さまざまな一面がみえてきます。

今回、焦点をあたるのは「消費税」。

「子どもの頃は3%だったのに、こんなに高くなって……」と嘆く人も多いでしょうが、 そもそも日本の消費税は高いのでしょうか。

それとも低いのでしょうか。

世界の状況を見てみましょう。

■税率10%…日本の「消費税」世界で見てみると 日本の消費税、高いのか低いのか。

世界主要国の消費税について見てみましょう。

主要国で最も消費税の税率が高いのは「ハンガリー」で27.0%。

続くのが25.0%の「デンマーク」「ギリシャ」「アイスランド」の3ヵ国。

OECD加盟国平均は19%ほどです。

先進7ヵ国で最も高いのは「イタリア」(11位)で、「フランス」「イギリス」(19位)「ドイツ」24位と続き、「日本」は32位。

一番低いのは「カナダ」で、税率は5%です。

ちなみに「アメリカ」に消費税はありません。

その代わり「小売売上税」があり、州や群、市で税率は異なります。

【主要国「消費税額」トップ20】 1位…27.0%「ハンガリー」 2位…25.0%「デンマーク」「ノルウェー」「スウェーデン」 5位…24.0%「フィンランド」「ギリシャ」「アイスランド」 8位…23.0%「アイルランド」「ポーランド」 「ポルトガル」 11位…22.0%「イタリア」「スロベニア」 13位…21.0%「ベルギー」「チェコ」「ラトビア」「リトアニア」「オランダ」「スペイン」 19位…20.0%「オーストリア」「エストニア」「フランス」「スロバキア」「イギリス」 出所:OECD ※2020年12月現在 このように見ていくと、日本の消費税率は世界と比較すると低く、まだまだ引き上げる余地があるように見えます。

それでもなかなか引き上げられないのは、世論の反応、選挙への影響。

給与が増えて、税負担も大きくなる分にはまだいいでしょうが、日本ではこの20年、給与水準はほぼ横ばい。

それなのに負担ばかり強いられていては、なかなか賛成とはいえないでしょう。

少子高齢化が進むなか、社会保障の財源として活用される(ことになっている)消費税。

その状況から「増税も仕方がない」と思いつつも、納得いかない……というのが、世間の本音ではないでしょうか。

(全文はソースにて)