感染再拡大の兆候が出ている東京について、田村厚生労働大臣は必要があれば 再び緊急事態宣言を出すことも検討するとした一方、前回の解除から1週間余りしかたっておらず、 宣言を出す場合には十分な効果が得られるかも含め考える必要があるという認識を示しました。

田村厚生労働大臣は、閣議のあとの記者会見で、新規感染者数が増加している 東京の感染状況について「夜間の滞在人口が伸びていて、これが増えると感染者が増えてくる。 非常に注意しなければならない」と指摘し、必要があれば、再び緊急事態宣言を東京に出すことも 検討する考えを重ねて示しました。

一方で「宣言を漫然とお願いしただけで、本当に夜間の滞在人口が減るのかも考えなければならない。 前回の宣言を解除してまだ日がたっていないので、またすぐに出すことが効果としてどうなのか、 よく分析しないといけない」とも述べ、宣言を出す場合には、夜間の人出を減らすなどの十分な効果が 得られるかも含め、考える必要があるという認識を示しました。