車上のテントでキャンプ 民泊施設が車のレンタル 五所川原市 *ソース元にニュース画像あり* ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を コロナ禍で人との接触を避けながら楽しめるキャンプへの関心が高まる中、 五所川原市の民泊施設が気軽にキャンプを楽しんでもらおうと、屋根の上にテントを備えた車のレンタルを行っています。

この車はコロナ禍の中でも青森の自然を楽しんでもらおうと、五所川原市の民泊施設が ことし4月からレンタルを行っていて、28日、報道陣に公開しました。

ミニバンタイプの車の屋根の上には、大人3人が寝泊まりできるテントが折り畳んだ状態で設置され、 数分で展開でき、はしごで上り下りするということです。

また、車の中も後部座席を倒すことでベッドにすることができ、気軽にキャンプを楽しめるようになっています。

レンタル料金は1日6790円からだということです。

民泊施設を運営している会社の平山幸司さんは「宿に行く旅ではなく、宿と行く旅で、 密を避けながら自然の空気を味わってもらいたい」と話していました。

06/28 18:07