電子マネーを使った詐欺防ぐ コンビニ店長に感謝状 和歌山 *ソース元にニュース画像あり* ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を 電子マネーを使った特殊詐欺の被害を未然に防いだとして、和歌山市の コンビニエンスストアの店長に警察から感謝状が渡されました。

28日、和歌山北警察署で、湊隆弘 署長からファミリーマート 和歌山松江北店の下本邦世 店長に感謝状が手渡されました。

下本店長は、今月11日、店を訪れた高齢の男性が3万5000円という高額な 電子マネーを購入しようとしたことを不審に思い、声をかけました。

男性が「パソコンの修理のため電子マネーを購入したい」と話したことから、 詐欺の被害に遭いかけていると考えた下本店長は、男性を説得して被害を未然に防いだということです。

下本店長は「大切なお客様が詐欺の被害に遭わなくてよかったです。 今後も、少しでもおかしいなと思ったらお客様に積極的に声をかけたい」と話していました。

和歌山北警察署生活安全刑事課の東山和則 課長代理は「昨年と比べて、特殊詐欺被害が増えています。 地域の方にも協力していただいて、特殊詐欺の被害を減らしていきたい」と話していました。

06/28 18:03