【ニューヨーク=野村優子】米サイバー対策大手マカフィー創業者のジョン・マカフィー被告(75)が23日、スペインの拘置所で死亡しているのが見つかった。

スペイン紙エル・ムンドなどが報じた。

自殺とみられている。

同被告は米国で脱税の罪で起訴されており、スペインの裁判所は同日朝、米国への身柄引き渡しを承認していた。

ロイター通信は同被告の弁護士の話として、独房で首をつって自殺したと報じている。

マカフィー被告は米当局に脱税の疑いで国際指名手配され、昨年10月にバルセロナの空港からイスタンブールに向かう便に乗ろうとしていたところを拘束された。

所得を第三者名義の暗号資産(仮想通貨)として隠し、納税を免れたといった疑いがあった。

同被告はマカフィーでの成功の後、仮想通貨の宣伝、コンサルタント業務などで稼いでいたという。

2016年、米大統領選に出馬すると表明して注目を集めたこともある。

2021年6月24日 7:08