6/23(水) 7:50 スポーツ報知 組織委・中村英正統括、小川彩佳キャスターから感染拡大した場合の「責任」を聞かれ「私自身も負わなければ」 TBS  東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会の中村英正統括が22日、TBS系「news23」(月~木曜・午後11時、金曜・午後11時半)にリモート生出演した。

 スタジオで小川彩佳キャスターは「オリンピックを開催した結果、例えば感染が拡大することになってしまった場合、責任は誰がどのように取るのか?どのようにお考えますか」と尋ねた。

 これに中村氏は「非常に厳しい質問だと思っています」とした上で「私自身も大会の運営を担っている以上、もし、これを機に大きな感染などが起きた場合、責任を負わなければいけないと思っていますが」と述べた。

 続けて選手、関係者に「ワクチンを打っていただいて、検査をきちんと行うことでできるだけクラスターの発生を抑制する」とし「もし陽性者がやはり出てきてしまうと思います。その時は速やかに発見して隔離して広がりを抑える。これを徹底的にやっていきたいと思っています」と述べた。

 この答えに小川キャスターは「感染のリスクがある中での大会となってしまう以上、責任の所在はハッキリしていただきたいと思います」と指摘していた。