6/22(火) 21:30配信 J-CASTニュース 加藤一二三九段(写真:つのだよしお/アフロ)  将棋界で長年活躍を続ける加藤一二三(ひふみ)九段(81)が、もう1人の「ひふみん」に誕生日祝いのツイートをしたことに、驚きの声が上がっている。

 「将棋界のひふみんよりもうおひとりのひふみん様へ」。

加藤さんは2021年6月22日、こう切り出して、「お誕生日おめでとうございます」とエールを送った。

■「ヒプマイ」伊弉冉一二三の誕生日  もう1人の「ひふみん」が誰かは触れていないが、ツイッター上では、すぐにその人物の候補が挙がった。

 それは、声優による音楽キャラクターラッププロジェクト「ヒプノシスマイク(略称・ヒプマイ)」の人気キャラ、伊弉冉(いざなみ)一二三だ。

作品では、職業がホストとして登場し、6月22日はその誕生日に当たる。

 加藤さんのツイートでは、シャンパンの絵文字が使われ、「ひふみん」がホストであることを意識していることがうかがえた。

「ヒプマイ界のひふみんを知ってるなんて嬉しすぎ」   「まさか、2次元の一二三へのおめでとうツイート ありがとうございます!! 」  ヒプマイのファンらからは、こんな歓喜のリプライが相次ぎ、3万件以上もの「いいね」が付いている。

加藤さんの誕生日が1月1日であることを知って、「絶対お祝いします」「今から楽しみです!」といった声も寄せられていた。

1年前の誕生日にもツイート  実は、加藤さんは、2020年ももう1人の「ひふみん」に誕生日祝いの言葉を贈っている。

 そのときは、「今日は、将棋のひふみんではないほうの、ひふみんさんのお誕生日らしい」とつぶやいており、加藤さんもそのことを意識して、21年は、この投稿を自らリツイートしていた。

 20年のツイートでも、シャンパンの絵文字を添えており、「シャンパンタワーの絵文字があればよかった、、、」と付け加えていた。

 マルチな活躍を見せる加藤さんだけに、何にでも関心を示す好奇心は健在なようだ。

(J-CASTニュース編集部 野口博之)