デンソー、金属3Dプリンターの米新興企業に出資 : 日本経済新聞 2021年6月23日 4:00 デンソーは23日、金属用の3Dプリンターのスタートアップ、米サラート・テクノロジーズに同日までに出資したと発表した。

出資額は非公表だが、数億円程度とみられる。

サラート社はこれまでの一般的な3Dプリンターより大幅に速く造形できる製品を開発している。

デンソーでは電動車や「空飛ぶクルマ」に必要な新たな部品の量産への使用を見込んでいる。

サラート社は2015年の設立で「エリアプリンティング」と呼ばれる技術を生かした金属3Dプリンターを開発している。

レーザーを一般的な点ではなく面で照射できるため速く造形ができる。

デンソーは5年後までに部品の量産に使うめどをつけたい考えだ。

(略) ※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

※関連リンク