【ニューヨーク=河内真帆】米マクドナルドは22日、全米の店舗で7月8日から商品購入に伴うポイント還元を始めると発表した。

顧客はアプリを通じてプログラムに加入し、ポイントをためると一部商品が無料になる。

リピート客の増加を狙う。

同社がポイント制のプログラムを導入するのは初めて。

ファストフード業界ではリピート客狙いのポイント還元が増えている。

顧客はアプリを通じ「マイ・マクドナルド・リワーズ」プログラムに加入し、買い物1ドルごとに100ポイントがたまる。

プログラムに加入後初めての購入時に自動的に1500ポイントが加算される。

人気メニューのハッシュドポテトやチキンマックナゲットのほか、最高6000ポイントでビッグマックなどが還元の対象となる。

競合のメキシコ料理店チポトレ・メキシカン・グリルやコーヒーチェーン大手スターバックスはポイント還元プログラムをすでに導入しており、顧客の囲い込みにつなげている。

2021年6月23日 3:13