競技会場での酒の提供を認めることを検討していた東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会が、 一転して酒類の提供を断念する方針を固めたことがわかりました。

競技会場での酒の提供をめぐっては、組織委員会が時間帯に制限を設けるなど 一定の条件をつけたうえで認める方向で検討していました。

しかし、関係者によりますと、 組織委員会は一転して酒類の提供を断念する方針を固めたということです。

競技会場での酒の提供をめぐっては世論の強い反発があったほか、政府内からも反対論が出たことから、 関係者の間で調整が進められていました。