運転免許証を紛失した際などに行う再交付に関して、2020年の免許保有者10万人当たりの件数で沖縄が全国最多の979件だったことが19日までに、県警免許管理課のまとめで分かった。

運転免許管理課は「具体的な理由は分からない。沖縄は車社会で、身分証明に使用する頻度も高いので、常に持ち歩いている人が多いことが原因ではないか」と推測した。

県内の再交付者の中には、16回目の男性もいたという。

 20年の県内の再交付件数は9376件で、10万人当たり979件。

2位大阪は741件、3位東京は737件だった。

最少は秋田の368件。

全国平均は559件。

 県警運転免許管理課は「沖縄は2位の大阪と238件の差があり、頭一つ飛び抜けている」と指摘した。

 再交付は豊見城市の運転免許センターや安全運転学校各分校などでできるが、再交付手数料が2250円かかる。

同課は「経済的にも、コロナの感染対策の観点からも、施設を訪れる機会は少ない方がいい。持っている免許証を大切にしてほしい」と呼び掛けた。

琉球新報 2021年6月20日 10:22