広島の鈴木誠也外野手(26)と森下暢仁投手(23)が22日、新型コロナウイルスのワクチン接種の副反応が出たため、試合前練習を欠席した。

 東京五輪の野球日本代表「侍ジャパン」に選出されており、選手任意で21日にワクチン接種を受けていた。

 蔦木トレーナーは「ワクチンによる副反応があったと思われるので、大事をとって練習に参加しませんでした」と話した。

症状については、個人情報保護の観点から明かされなかった。

 森下は自宅で静養。

鈴木誠は練習開始時にグラウンドに姿を見せただけだった。

佐々岡監督は23日以降について「本人の体のこともある。とにかくあしたの様子を見て」と話した。

デイリー