佐々木希いよいよ離婚か…“無職”の夫・渡部建を公開批判!? タレントの佐々木希が、いよいよ〝離婚モード〟に入ったと各メディアが報じ始めている。

「昨年、夫の『アンジャッシュ』渡部建による〝多目的トイレ不倫〟が発覚。その後も沈んだままで、今や完全に世間から忘れ去られようとしています。去年の大みそかにバラエティー番組で復帰させようとしたテレビ局がありましたが、事前にネタが漏れてしまい〝お蔵入り〟に。これほどコロナ禍で苦しい折、渡部を復帰させたらテレビはCM関係が黙っていないでしょう。年内復帰は無理どころか、引退じゃないですか」(芸能ライター) 渡部の〝一芸〟であったグルメに関しても、今となっての見方は冷ややかだ。

「もてはやされていた当時から、一部では『店のホームページの材料を丸読みしていただけ』などとバカにされていましたね。自分自身は、料理が全くできないのを自慢していたのもマイナイスポイント。調理法や隠し味などもよく知らないようですし、やっぱりグルメ気取りは〝キャラ〟でやっていたのかもしれません」(同・ライター) 離婚への足かせになっているのはマンションか… そんな夫を支える佐々木は、去る6月16日、情報番組『ノンストップ!』(フジテレビ系)に出演。

映画『リカ~自称28歳の純愛モンスター~』の宣伝を兼ねたVTR出演だったが…。

「『今一番必要なものは?』と問われ、『仕事』『お金』と即答。人気有名人として生きる上での、苦しい経済状況を明かしたのです。佐々木の女優としての評価は、まだまだ一流には程遠い。CMやモデルでの仕事がメインなのは変わらずなので厳しいでしょう」(同) 渡部とは、いまだに都内にある超豪華マンションに現在も同居中だという。

「マンションの所有者は渡部。だから佐々木としては、マンションを財産分与と慰謝料でもらって別れたい。今だったら一般サラリーマンの生涯年収ぐらいでは売れるはずですからね。一方、渡部としては何としても別れたくないし、マンションも渡したくないところでしょう」(週刊誌記者) さらに佐々木は前出の『ノンストップ』で「仕事」「お金」の他に、「愛」とも答えていた。

その「愛」とは1人息子のことだという。

「渡部の騒動直後、佐々木は女性誌で『結局は愛』と渡部を擁護したのです。ところが、今回は渡部に触れず。その上で『仕事』『お金』と〝無職〟の渡部をなじった。大きな心境の変化と思われます」(同・記者) やはり離婚は秒読みか…。