小池都知事、疲労で静養へ コロナ・五輪対応が重なる 東京都は22日、小池百合子知事が過度の疲労で静養が必要になったとして、今週の公務を離れると発表した。

詳しい体調や入院したかどうかは明らかにしていない。

新型コロナウイルス対応や開幕を1カ月後に控えた東京五輪・パラリンピックなどの公務が重なっていた。

最近の小池氏は19日に菅義偉首相を公邸に訪ね、五輪・パラリンピック期間中の人の移動抑制策や、新型コロナの感染状況やワクチン接種などを意見交換。

21日には東京大会の開催に向けた国際オリンピック委員会(IOC)などとの5者協議に臨んでいた。

22日は都庁内でワクチン関連の会合に出席。

終了後は息苦しそうな様子だった。