愛知県豊田市の墓地で21日、44歳の女が近所の住人の軽乗用車のフロントガラスなどをハンマーで割った現行犯で逮捕されました。

 21日午後6時半ごろ、豊田市内の墓地で「喧嘩をしている。木の棒で殴り合っている」と付近の住民から警察に通報がありました。

 警察が駆けつけると駐車中の軽乗用車のフロントガラスなどが割られていて、近くにいた女が犯行を認めたため、その場で逮捕されました。

 逮捕されたのは豊田市の無職の44歳の女で、近所に住む男性(81)の軽乗用車のフロントガラスなどをハンマーで割ったということです。

 警察によりますと、女は「卒塔婆」も振り回していたということですが、男性(81)にケガはありませんでした。

 男性はこの日、墓掃除の当番だったということで警察は2人がトラブルになった原因を詳しく調べています。