日本経済新聞が実施した2020年度の飲食業調査によると、閉店数が5230店に達したことがわかった。

19年度の1.9倍に達しただけでなく、リーマン危機時の08年度(3859店)も大きく上回る。

新型コロナウイルスの感染拡大が外食産業に大きな影響を与えており、新店や既存店改装などへの設備投資額も前年度比3割減と大きく減少した。

(詳細は23日付日経MJに)