6/22(火) 17:08 デイリースポーツ 藤井聡太二冠 叡王戦挑決進出 三冠挑戦へあと1勝  丸山九段に勝利した藤井聡太二冠=都内(提供:日本将棋連盟)  将棋の藤井聡太二冠(王位・棋聖=18)が22日、都内で指された第6期叡王戦本戦トーナメント準決勝で丸山忠久九段(50)を87手で破り、挑戦者決定戦に進出した。

豊島将之叡王(31=竜王との二冠)への挑戦権をかけ26日、斎藤慎太郎八段(28)と対戦する。

 振り駒の結果、藤井二冠の先手となり、丸山九段の得意な一手損角換わりへ進んだ。

両者は過去1度、昨期の竜王戦決勝トーナメントで対戦しており、千日手の末、指し直し局ではこの戦法で藤井二冠は敗れている。

本局では自ら踏み込み、リードを広げて寄せきった。

 藤井二冠は現在、「第91期棋聖戦五番勝負」で渡辺明三冠(名人、棋王、王将=37)の挑戦を受けており、29日からは豊島将之叡王(31=竜王との二冠)との「第62期王位戦七番勝負」が開幕する。