6/22(火) 16:48 デイリースポーツ がん闘病中の大島康徳さんのブログに中傷コメント 夫人は「どうかどうかお止め下さい」 大島康徳氏  がん闘病中の元日本ハム監督で野球解説者の大島康徳さん(70)の夫人が22日、大島さんの公式ブログ「この道」を代筆。

心ない中傷コメントの防止を訴えた。

 大島さんはステージ4の大腸がんと肝臓転移を公表。

腹水を抜く治療を受け一時は退院したものの、今月17日に再入院。

21日には自身で肺にも転移している状況を明かした。

現在は在宅医療による緩和ケアの準備をしている。

 夫人は「昨日、ケアマネさんにご訪問をいただき在宅医療や看護、介護についてまったく知識のない私でしたがてきぱきと様々な介護用品の手配等を進めて下さり明日には介護用ベッドも到着します。酸素の機械も到着します。」と着々と準備を進めている状況を説明した。

 さらに、ケアマネジャーとのやりとりを記し、「『人が生きること』を支えるお仕事 とても尊いお仕事 頭が下がる思いです。主人と私たち家族を全力でサポートして下さる全ての皆様に心より感謝申し上げます。ありがとうございます。」と感謝の思いをつづった。

 大島さんのブログには多くの励ましのコメントが寄せられているが、その一方で一部で誹謗中傷的なものもあったことを紹介。

「その反面このような心ないコメントがまだ続いている 悲しい事実もございます。堀ちえみさんも心を痛めていらしたことを知りました。」と残念な思いを語った。

 「本人の目に触れないように削除を続けていますがこれを目にする家族も本当に傷ついています。どうかどうかお止め下さい。心よりお願い申し上げます。」と強く訴えていた。