2021年6月22日 13時12分 [ロサンゼルス 21日 ロイター] – 米Netflixは21日、スティーヴン・スピルバーグ監督が率いる映画会社アンブリン・パートナーズとコンテンツ提供契約を交わしたと発表した。

年に複数本の作品を制作するという。

 契約の金銭的な条件は明らかにされていない。

 スピルバーグ監督は近年、主にテレビで鑑賞される映画はアカデミー賞ではなくエミー賞の対象にすべきと主張し、Netflixと対立。

映画館で作品を見るという体験を守りたいという見解を示していた。

 スピルバーグ監督は声明で、Netflix側との話し合いを受け、「新たな物語を共に語り、新たな方法で観客に届ける素晴らしい機会があることが明確になった」と説明した。

 一方、今回の契約とは別にコムキャスト傘下のユニバーサル・ピクチャーズ向けにも引き続き作品を提供していく。