徳島大学発ベンチャー企業 各社ブランドで新商品発売を発表 *ソース元にニュース画像あり* ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を 食用のコオロギを活用した昆虫食の普及に取り組んでいる徳島大学発のベンチャー企業が、 今月から新たに自社ブランドを立ち上げ、クッキーなどの新商品を発売したと発表しました。

これは22日、徳島大学で開かれた記者会見で、大学発のベンチャー企業 「Gryllus」の関係者などが明らかにしました。

この会社では食用コオロギを活用して、昆虫食を普及させることで、世界で深刻さを増す 食糧問題の解決に取り組んでいて、去年5月にはコオロギを粉末状にして、 生地に練り込んだせんべいを開発しました。

これに続き、今月からは、オリジナルの食品ブランドを新しく立ち上げ、 新商品を発売したことを明らかにしました。

新商品は、粉末状のコオロギを使用したクッキーとチョコクランチの2種類で、 このうちクッキーは、コオロギ特有の香ばしい風味が楽しめ、いずれも 徳島空港の土産品売り場などで購入することができます。

この会社では、さらに食卓で「主菜」として提供できるような新商品を開発し、 ことし夏ごろに発売したいとしています。

「Gryllus」の代表取締役で、徳島大学大学院の渡邉崇人助教は 「コオロギを活用して、食糧問題を解決し、朝昼晩の3食で コオロギが選択肢に入るような世の中にしたい」と話していました。

06/22 12:43