1970年代から神奈川県小田原市の南西部に住み着き、周辺住民を長年悩ませてきたニホンザルの群れ「H群」について、県が新たに「管理困難な群れ」と認定し、同市が全頭捕獲による完全駆除に乗り出すことが20日までに分かった。

市内で住民生活を脅かしてきたサルの“二大派閥”の一角で、被害は昨年半年で約4千件近くに上る。

小学生の通学路にも出没し、市は「放置すればいずれ人間に危害を加えるようになる」と危機感を募らせる。

「何をされるか分からないし、もうサルは見たくない…」。

相模湾を望み、ミカン畑の並ぶ同市江之浦の丘陵地。

住宅地まで出没するサルの群れに住民女性(73)は頭を抱える。

「早朝から車の上にサルが乗ってバンバンたたいている。ごみ出しの時も目を合わせないようにしている」とおびえた毎日を過ごす。

市環境保護課によると、H群は早川、片浦地区を中心に19匹が生息。

50年代には湯河原町の山中に生息し、同町の「広河原」の地名から「H群」と名付けられた。

過去には人に餌付けされて約50匹にも及ぶ群れに拡大し、75年ごろから同市西部に移り住むようになったとみられる。

■ 40年以上、共存模索してきたが… ▽続きは有料記事なので、無料記事のみ引用しました