自民党の二階俊博幹事長は22日の記者会見で、東京五輪会場での観客への酒類販売について 「アルコール禁止くらいはしっかりしておくことが大事だ」と述べ、否定的な考えを示した。

東京都内で「まん延防止等重点措置」の一環として酒類提供に制限を設けていることを理由に挙げた。

一方、加藤勝信官房長官は会見で、「大会組織委員会において一般的なルールを踏まえて適切に判断していく」と述べた。