文部科学、厚生労働両省は22日、12歳以上の児童生徒に対する新型コロナウイルスワクチンの接種について、 かかりつけ医などでの個別接種を原則とし、学校での集団接種は「現時点で推奨するものではない」との方針をまとめ、 各自治体の教育委員会に通知した。

ただ、個別接種の医師を確保することが困難な自治体は、 保護者への説明や副反応への適切な対策を講じる場合に限り、学校での集団接種を認める。

萩生田光一文科相は同日の閣議後記者会見で学校での集団接種について、 「受ける人と受けない人の差別やいじめにつながることが心配される」と述べ、改めて慎重な姿勢を示した。

その上で、自治体の判断で学校に接種会場を設ける場合は、強制とならないよう、 授業中ではなく放課後や夏休み期間中などの実施を要請。

打ち手以外に、副反応が起きた際に対応できる医師の確保も求めた。