東京五輪・パラリンピックの会場内での酒類提供について、自民党の二階俊博幹事長は22日の記者会見で、 「都民の皆さんにも注意喚起をするという意味では、アルコール禁止ぐらいはしっかりしておくことは大事だ」と述べ、酒類提供の禁止を求めた。

東京都内では新型コロナウイルス対策のまん延防止等重点措置で、飲食店での酒類提供に制限がかかっている状況が続いている。

この状況下での五輪会場での酒類提供の是非を記者団から問われた二階氏は「誰が考えても、なるほどと思うような結論を見いだしていくことが大事だ」と指摘した。

また、立憲民主党の枝野幸男代表も同日の執行役員会で「飲食店の皆さんに血のにじむような努力の中で協力をいただいているにもかかわらず、 1万人を集めた五輪の競技場で酒を出すとは本当に信じられない。飲食店の皆さんの間から暴動が起こるんじゃないか」と述べ、五輪会場での酒類提供に批判的な立場を示した。

【東京五輪】丸川五輪相、会場での酒類販売容認はスポンサーへの配慮も。

「大会の性質上、ステークホルダーの存在がどうしてもある」2 【東京五輪】丸川五輪相、会場での酒類販売容認はスポンサーへの配慮も。

「大会の性質上、ステークホルダーの存在がどうしてもある」2 [記憶たどり。

](932)