前新潟県知事の米山隆一氏が21日、自身のツイッターを更新。

配偶者の呼び方についての”論争“に言及した。

米山氏は「恐らく善意から『奥様と呼ぶのはいけない』とおっしゃられる方がおられるのですが、 それに対しては『夫婦の間で互いをどう呼ぶかはそれぞれが決める事でそれを多様性と言います。 奥様と呼ぼうが旦那と呼ぼうがヨネちゃんと呼ぼうがMy Sweet Honeyと呼ぼうが好きにさせて下さい』 とお答えさせて頂きます」とツイートした。

この投稿に対し、「それについては夫婦間で納得しているなら問題無いと思います」 「仰るとおりです。言葉遊びで本質を忘れる人が少なくありません」 「おっしゃるとおり、男尊女卑という問題の本質を呼び方だけで論じるのは軽率だと思います」などの声が寄せられている。

米山氏は2020年5月に作家でタレントの室井佑月氏と結婚。

ツイッターでは室井氏との新婚生活の様子についても 折に触れ言及していて、室井氏のことを「奥様」と呼ぶこともあった。

配偶者の呼び方に関しては、2月にテレビ番組出演時に妻で女優の小雪のことを「嫁」と表現した 俳優・松山ケンイチに賛否両論の声が集まるなど、たびたび議論となっている。