6月22日(火)9時現在、マリアナ諸島で熱帯低気圧が発達中です。

気象庁はこの熱帯低気圧について、24時間以内に台風に発達する見込みとの情報を発表しました。

次に台風が発生すると「台風5号」と呼ばれます。

▼熱帯低気圧 6月22日(火)9時  存在地域   マリアナ諸島  移動     西北西 ゆっくり  中心気圧   1010 hPa  最大風速   15 m/s (中心付近)  最大瞬間風速 23 m/s 日本の南に北上の可能性 動向に注意 世界の各気象機関による予測 世界各国の気象機関が計算したシミュレーション結果を比較すると、 この熱帯低気圧が発達することを示唆するものとそうでないものがあります。

その後の勢力の予想も差が大きく、発達を続けるか衰弱するかの予想が難しい状況です。

もしも勢力を落とさない場合、太平洋高気圧の縁をまわって北西に進み、日本の南に北上してくる可能性があります。

26日(土)から27日(日)にかけて台風の北上に伴って前線が北上し、暖かく湿った空気が流れ込んで 東日本太平洋側で強い雨が降るおそれがあります。

今後の動向に注目が必要です。

次に台風ができると「台風5号」 平年の台風発生数 もし次に台風が発生すると、今月中旬に発生した台風4号に続く「台風5号」と呼ばれることになります。

6月の台風発生数の平年値は1.7個ですので、台風が複数個発生すること自体は珍しくはありません。

この時期の台風は仮に日本に近づかなかったとしても、暖かく湿った空気が梅雨前線を刺激し、 日本に大雨をもたらすことがあるため油断はで禁物です。