五輪の学校観戦別枠 武藤事務総長「動員ではない」 毎日新聞 2021/6/21 18:37(最終更新 6/21 18:58)  政府、組織委、東京都、国際オリンピック委員会(IOC)、国際パラリンピック委員会(IPC)の代表者による5者協議が21日、オンラインで行われ、国内観客の上限を収容人数の50%以内で最大1万人とすることが決まった。

組織委の武藤敏郎事務総長は協議後の記者会見で、子供たちに観戦機会を提供する「学校連携観戦チケット」を観客上限の別枠とすることについて「1964年大会当時も見た人が一生の思い出として語り継いだ。(観客上限と)別に扱うことは妥当」との認識を示した。

 学校連携観戦チケットを巡っては、SNS(ネット交流サービス)で、戦時中に生徒や学生たちが軍需産業に従事させられた「学徒動員」と結び付ける投稿が見られるが、武藤氏は「(子供たちの観戦は)動員をかけるものではない。教育委員会などの判断で『見に行こう』となった場合に適用される」と釈明した。

【円谷美晶】