世論の強い逆風に揺らめきながら、ともしびは東北を離れた。

東京五輪の聖火リレーは21日、6県最後となる宮城県の日程を終えた。

新型コロナウイルスの猛威がやまぬ中、大会開催に強い不安を持つ国民は多い。

開幕まであと1カ月余りに迫った。

コロナ禍、本番への不安ぬぐえず   週末から3日間にわたって行われた宮城県の聖火リレー。

沿道には多くの人が詰め掛けた。

  主役の走者の前に、パトカーに先導されたスポンサー車両がずらりと連なる。

耳をつんざく音楽。

「お祭り騒ぎですねえ」。

車上のDJが調子外れの太い声を上げる。

扇子やタオルなどグッズがばらまかれ、 観衆が群がる様子は「密」そのもの。

「まるでテーマパークのパレードだね」。

走者の一人はあきれ顔だった。

  五輪開催について、政府の感染症対策分科会の尾身茂会長らは18日、無観客が望ましいと提言した上で、こう指摘している。

  「観客の収容方法等によっては、テレビ等で観戦する全国の人々にとって、『感染対策を緩めてもよい』という 矛盾したメッセージになるリスクが発生する」   聖火リレーの狂騒は、尾身氏が言う「矛盾」の序章に見える。

  5月の世論調査では約6割が五輪中止を求めた。

それでも菅義偉首相は先進7カ国首脳会議(G7サミット)で 開催へ強い決意を見せ、21日にあった国際オリンピック委員会(IOC)などとの5者協議で観衆の上限を1万人とすることに決めた。

  コロナ禍の五輪。

国民の健康を賭してまで開催されようとしているのに、聖火リレーは主役のランナーが置き去りにされていた。

大会はいったい誰のためのものか。

政治家の意地を貫くためでも、組織の利益追求の場でもないはずだ。

お行列