6/22(火) 9:06配信 日刊ゲンダイDIGITAL 仲里依紗(C)日刊ゲンダイ 「仲さんの『ヤッホー、皆さんこんにちはぁ』という、あの身振り手振り付きの最初の挨拶、自分の動画でも、つい真似したくなっちゃうんですよね」と、あるユーチューバーは明かす。

SNSも絶好調!仲里依紗にホラー映画のオファーは来るか?  女優の仲里依紗(31)のYouTubeチャンネル「仲里依紗です。」の登録者数は約136万人(6月21日現在)。

芸能人に限定したランキングではトップ20にランクインしている。

仲の“挨拶”には中毒性があるようだ。

「フォロワー数の多い有名インスタグラマーやユーチューバーが、自分の動画でふざけて仲さんの真似をしているのも、実際見たことがあります。仲さん愛用の美容アイテムを真似して買うインスタグラマーも多い」(前出のユーチューバー)  有名人も真似したくなる有名人である仲。

登録者数はトップクラスとまでは言えなくても、存在感はもはや別格と言っていい。

私服コーデも〈オシャレ〉〈カワイイ〉と大評判で、3月31日には自身のアパレルブランド「RE.」を設立することを発表している。

 芸能ライターの山下真夏氏は「私服はグッチなどハイブランドが多いんですが、どれも無難とは程遠い個性的なセレクト。他の芸能人とは一線を画しており、とにかくカッコイイ。一方で、最近出演した連ドラ『恋する母たち』『桜の塔』のように、カワイイ系や清楚系も難なく着こなす。とにかく“服が似合う”んですよね」と話す。

 インスタなどに書き込まれたコメントを見ると〈安定の面白さ〉〈今回も笑った〉〈里依紗ちゃんの明るさに癒やされた〉などなど、美しさやオシャレだけではなく、仲の“楽しさ”“元気”にも引きつけられているようだ。

■お笑い芸人も一目置くトークスキル  さらに言えば、仲のトークスキルと存在感は、お笑い芸人からも一目置かれている。

5月13日放送の「アメトーーク!」(テレビ朝日系)で、「キャバクラボーイ芸人」が集まった際には、とろサーモンの久保田かずのぶが「(キャバクラで)絶対稼げると思う人は、仲里依紗さん」と名前を上げていた。

 銀座でホステス経験があるという女性誌ライターも「あの世界では座持ちがよく、明るくて機転の利く女性が結局勝つ。仲さんは全部当てはまる上に、あのルックスでしょ。瞬く間に売れっ子間違いなし!」と太鼓判だ。

 どの業界でも敵なしといった仲だが、前出の山下氏は「ホラー界の巨匠・清水崇監督が新たなホラー映画を撮ることが決まり、主演はモデルのKokiさんと発表されましたが、あのニュースで私が真っ先に浮かんだのは仲さんの顔」と、こう続ける。

「仲さんは超が付くホラー映画マニアです。4月に、ある映画の完成披露舞台挨拶で『ホラー作品に出演したいとずっとインスタなどで発信しているのに、一度もオファーがない』とボヤいたばかり。清水監督作品だけに、ホラー愛あふれる仲さん主演で見たかったなと思ってしまったんです」  仲の願いが叶う日はくるのか。