フィリピンのドゥテルテ大統領は21日のテレビ演説で、新型コロナウイルスのワクチン接種を拒む国民に対し 「ワクチン接種を受けるか投獄されるかを選ぶことになる」と警告した。

ワクチン接種率が低いことを受けた発言だが、保健当局はこれより先、接種は任意だとする見解を示していた。

フィリピンの累計感染者は130万人超、死者は2万3000人超に上り、感染拡大が深刻となっている。

政府は今年中に、人口1億1000万人のうち7000万人への接種を目指しているが、 20日時点で接種を終えたのは210万人にとどまっている。