ロシアで新型コロナウイルスの感染者が再び急増している。

18日に1日の新規感染者数が過去最悪の9000人超となった首都モスクワでは患者の約9割からインド由来の変異株 「デルタ株」が検出されたといい、感染力の強い変異株が感染拡大の原因になっているとみられる。

国内のワクチン接種が進まないことも背景にあり、接客業の従業員に接種を義務づける動きも広がっている。

露政府の発表によると、ロシアの1日の感染者数は6月9日に1万人を超え、18日には1万7262人に達した。

特に大都市圏で感染が目立ち、モスクワでは6月初めから約3倍に増加した。

モスクワのソビャーニン市長は18日、「感染者の89・3%がデルタ株に感染している。感染力が強く、入院患者も爆発的に増えている」 として、約1万7000床あるコロナ専用病床をさらに約7000床増やす方針を明らかにした。