学校法人「森友学園」への国有地売却を巡る財務省の決裁文書改ざん問題で、国は21日、自殺した近畿財務局職員、赤木俊夫さん(当時54歳)が改ざんの経緯をまとめた「赤木ファイル」を大阪地裁に提出した。

遺族側の代理人にもファイルを郵送した。

代理人はファイルが届いた段階で公表する方針で、22日にも内容が明らかになる見通しになった。

以降ソースにて 国が「赤木ファイル」を大阪地裁に提出 22日にも公表 森友改ざん 6/21(月) 16:53配信 参考) 森友学園問題をわかりやすく解説!安倍・佐川・籠池の関係がよくわかる(2020年最新版) 森友文書改竄「すべて佐川局長の指示」自殺職員 手記 森友問題「どういう過程で改ざんをやったのかが全部わかる」元上司が明かした“赤木ファイル”の存在とその行方 『私は真実が知りたい 夫が遺書で告発「森友」改ざんはなぜ?』より#1 評論家小川栄太郎氏と飛鳥新社に賠償命令 朝日新聞の森友報道めぐり―東京地裁 2021年03月10日 安倍政権が「事実と異なる国会答弁」森友問題で139回 2020年11月24日 菅首相の著書、改訂版が発売 公文書管理の記述消える 2020年10月19日 昭恵夫人お付き秘書は出世 森友「関係官僚15人」のその後 2020.04.01 「赤木ファイル」存在認める方針 森友改ざん問題で国 5/6(木) 森友問題、全員不起訴なぜ 検察「刑事罰の適用に限界」2019年8月10日 森友問題、佐川氏ら10人再び不起訴 特捜部捜査終結 2019年8月9日 「私や妻が関係していたら辞める」のあと記録廃棄 2018年6月4日 以上