福島第一原発の処理水をめぐって、東京電力はこの夏までに賠償の枠組みを示す方針を明らかにしました。

 こうした中、これまでの議論の透明性をめぐり、福島県の姿勢に疑問の声があがっています。

 鈴木副知事は21日、東電の小早川社長を訪問し、処理水の海洋放出に伴って懸念されている風評被害の賠償について、枠組みを早く示すよう求めました。

以降ソースにて 東京電力 今夏までに処理水賠償の枠組み提示へ 福島県の議論 透明性に疑問も 6/21(月) 21:32配信 参考) 一キロ当たり五〇〇〇ベクレル以下を選別し、農地の盛り土として活用 2021/4/19 福島県飯舘村の長泥の除染土壌再生利用 7月3日から見学会 環境省 2021/6/5 福島原発作業員が明かした深刻被害「汚染水は海にダダ漏れしている」 2021年3月14日 東電の旧経営陣3人に無罪判決 福島原発事故で東京地裁2019年9月19日 【狂ってる】原発の新設・建替を推進する自民議連が発足、安倍前総理が顧問に就任!菅政権が「福島原発汚染水の海洋放出」を強行決定したさ中で!2021.04.13 復興庁、電通に3年で10億円 原発事故の風評払拭事業 2021/4/15 政府、処理水の海洋放出決定 2年後に実施見通し 福島第1原発 2021/4/13 福島第1原発に中身不明のコンテナ4000基 放射線管理区域内 2021/4/5 福島第一原発「廃炉」を選んだ政府と東電…10年が経った今の「ずさんな実態」 2021.03.02 地震影響 福島第一原発 原子炉の格納容器 水位低下傾向続く 2021年2月23日 (1号機格納容器ほぼ大気圧) 「福一の原子炉格納容器4京ベクレル」になす術なしの原子力規制委、なぜか一般に意見募集へ 2021年1月28日 福島第一原発事故による放射性物質汚染の実態~2019年、福島県二本松市の汚染の現状と黒い土 2021年01月20日 常磐線試運転 車両付着ちり 放射能濃度23倍に 動労水戸調査 2020年2月29日 汚染水、浄化後も基準2万倍の放射性物質 福島第一原発 2018年9月28日 敷地内にホットスポットを放置!環境省の“デタラメ除染”前篇 2017/03/10 道路利用8000ベクレル以下=福島汚染土、夏にも実証事業(南相馬市)-環境省 2016年06月07日 安倍首相「アンダーコントロール」のウソ 2013年09月18日 安倍首相が原発事故前に「全電源喪失はありえない」と地震対策を拒否していた 2015.03.11 以上