横浜市のビル建設現場で金属製資材落下 1人死亡 *ソース元にニュース画像あり* ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を 21日、横浜市青葉区のビルの建設工事現場で、クレーンでつり上げていた 金属製の建築資材などが落下し、それにあたった53歳の男性が死亡しました。

警察によりますと21日午後2時ごろ、横浜市青葉区鴨志田町の6階建てのビルの建設工事現場で、 屋上に設置されたクレーンでつり上げていた金属製の建築資材などが、 高さおよそ30メートルから地上に落下しました。

建設資材は地上で作業をしていた東京・葛飾区の会社員、吉野稔基さん(53)にあたり、 吉野さんは病院に搬送されましたが死亡が確認されました。

落下した建設資材などは、荷台も含めて重さがおよそ400キロで、 クレーンを使って地上から屋上へ引き上げる作業をしていた際に何らかの理由で クレーンのフックから外れたということです。

警察は、工事現場の関係者から話を聞くなどして建設資材が落下した原因などを調べています。

06/22 06:31