西之表市議会特別委員会 自衛隊員宿舎誘致を可決 *ソース元にニュース画像あり* ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を 西之表市の馬毛島に在日アメリカ軍の訓練などに使う自衛隊基地を建設する計画について、 地元市議会の特別委員会は、21日、自衛隊員の宿舎を西之表市内に建設することなどを求める 請願を可決しました。

馬毛島では、在日アメリカ軍の空母艦載機の訓練の移転先などとして、 自衛隊基地の建設が計画されていて、地元西之表市の八板市長は反対を表明しています。

こうした中、21日、市議会では馬毛島対策特別委員会が開かれ、自衛隊の宿舎を 西之表市内に建設することや、必要な物品を地元で調達するよう求める商工会からの請願を審議しました。

採決は委員長を除く12人で行われ、賛否は6対6の同数でしたが、 今月、中立から賛成の立場に転じた濱島明人委員長が条例に基づく委員長権限で可決させました。

23日の本会議ではこの請願を踏まえた意見書が提出されることになっています。

このほか委員会では議会として基地建設計画への立場を示す意見書が 賛成と反対の双方の議員から示され、いずれも23日の議会で採決されることになりました。

馬毛島の計画をめぐっては、同じ種子島の中種子町や南種子町で 宿舎など自衛隊施設の誘致を目指す動きが活発化しています。

06/21 20:42