じん肺遺族補償 不支給取り消し 長崎地裁判決 毎日新聞 2021/6/22 東京朝刊  長崎県の炭鉱などで働き、じん肺を患って死亡した元作業員4人の遺族が、遺族補償を不支給とした長崎労働基準監督署の決定を取り消すよう求めた訴訟で、長崎地裁は21日、じん肺と死亡との因果関係を認め、不支給決定を取り消すよう命じる判決を言い渡した。

天川博義裁判長は「じん肺と同程度以上に死亡の原因となった具… この記事は有料記事です。

残り180文字(全文330文字)