がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」 元プロ野球選手で野球解説者の大島康徳さんが6月21日にブログを更新。

長らく患っているがんが肺に転移していたことを告白しています。

3日から6日まで3リットルの腹水を抜くべく入院し、15日には闘病ですっかりこけた顔写真を投稿していた大島さん。

17日には再度の入院を余儀なくされ、20日には鼻から酸素吸入している写真を掲載し、健在ぶりをアピールするとともに、血中酸素が時折低く出る現象に悩まされていたと告白していました。

妻の奈保美さんが入院後からブログ執筆をしばしば代行し、在宅医療の準備を急いで進める中、大島さんは「告白」と題したエントリーを更新。

「話をしていると少し息苦しさを感じるようになって…」「痛みというよりもそっちが辛いかな?」と、以前にも報告した息苦しさの症状を取り上げつつ、以前から肺に見られていた「小さいポツポツ」が転移したがんであったことを明かしました。

読者を安心させるべく、「疑わしきの期間が結構長くて今だって大して成長してない」「これは本当」と、現状は決して深刻ではないと強調。

その一方で、「この息苦しさがその影響なのかどうか? は、分かりません」と、肺に転移したがんとずっと続く息苦しさの因果関係については不明としていました。

大島さんは2016年10月にステージ4の大腸がんと判明。

「このままなら余命1年」との宣告を受けており、2017年2月には大腸の手術を終えたと報告していました。

現在まで「これまで通りの生活ができるように共存する」という姿勢のもと、がんが転移した肝臓の数値観察を含めた抗がん治療を続けています。