17日にさいたま市・大宮区にあるインターネットカフェで起こった女性店員を人質とした立てこもり事件は、発生からおよそ32時間後に解決。

監禁された女性店員は首などにけがをしたものの無事保護され、林一貴容疑者(40)は逮捕、送検された。

 解決までに長時間を要したことについて、ある警察ジャーナリストは「埼玉県警はちょっとビビっていた。責任を取りたくないといった理由で突入が遅れているのであれば、言語道断」など苦言を呈したが、その発言に「頭に来ている」と不快感を露わにしたのが、埼玉県警捜査一課の元刑事である佐々木成三氏だ。

 解決までにおよそ32時間を要したことについて佐々木氏は「人質立てこもり事件の第一優先は被害者の身の安全だ。立てこもりで突入して、被害者にけがを負わせる。もしくは被疑者が自殺するといったことは突入の失敗になる。決断する時というのは、100%被害者を救護できるタイミングでなければ、突入はできない」と述べると、今回の立てこもり事件の難しさについて「密室であり、被害者と犯人がかなり近い状態で、(犯人が)凶器を持っている状態だった。警察は事前にマスターキーで中に入ることができないこともわかっていたので、突入するときにどうしてもタイムラグがあるという中で、何か物音、犯人側に刺激を与えてしまうと、刃物の矛先がすぐに被害者に向けられる状態だった。突入にリスクがあるというのは、早い段階から考えていたはず。そうなると説得をして、交渉するのがベストという考えだったのでは」と解説した。

 ある警察ジャーナリストの発言について「ちょっと頭に来ています。OBの方なのでなおさらだが、ビビっていることはない。かなり強い姿勢で、警察は突入できる状態は維持していた」と語った佐々木氏は、事件の舞台裏について「被害者に命の危険が及ぶような、危害が及ぶようなことがあれば、すぐに突入できる状態を32時間ずっと維持していた。さきほども被害者の身の安全を第一優先にと話したが、これが犯人逮捕という優先であれば、すぐに突入していた。そうではなく、被害者の身の安全を考えていたので、ビビっていたわけではない。強い姿勢を常に維持していたということだ」と続けた。

写真 6/21(月) 19:12 ABEMA 全文