G7サミット(主要7カ国首脳会議)が開催された英・コーンウォール地方で、 サミット開催後、新型コロナウイルスの感染者が急増していると、地元紙「i(アイ)」などが報じた。

同紙によるとサミット以来、同地方は英国で最も感染率が高く、 開催前の2450%増、サミットが開催された地域では感染率が4000%以上上昇しているという。

地元保健当局は「症例の増加とサミットを結びつける証拠はない」としているが、 地元の政治家や医療関係者からは「政府が隠ぺいしようとしている」との声が上がっている。

G7では各国関係者やメディアが集まり、また開催に抗議するデモなども行われた。

人流増加による影響も指摘されている。

地元メディアの「コーンウォールライブ」は「G7サミットはスーパースプレッダーイベントだった」と報じた。

同様に世界中から関係者などが集結する東京五輪についても 「五輪も考え直した方がいい」、「五輪では何倍になるか」と、懸念の声が上がっている。