WHO専門家が新型コロナ「研究所起源説」を「政治的言説への迎合」と批判 今年1月中旬に中国を訪れ、新型コロナウイルスの世界規模の起源解明における中国部分の調査を行った世界保健機関(WHO)専門家チームのメンバーであるドミニク・ドワイヤー氏は18日、英紙ガーディアンへの寄稿で、「新型コロナウイルスは動物由来とするのが論理的だが、証拠を突き止めるには、なお数年を要する」と指摘した。

澎湃新聞が伝えた。

ドワイヤー氏は現在デマとして拡散されている「研究所起源説」について、この説が広まったのには偶然もあれば意図的要因もあり、一部の国の政府の支援すらあったと指摘。

また、「この説は映画・テレビ作品などポップカルチャーの影響で一般の人々には比較的分かりやすい」との見方を示し、さらに「一部の国の政治的言説への迎合でもある」とした。

ドワイヤー氏は、「研究所で人へのウイルス感染事故が発生したことはあるが、確率は極めて低い。新型コロナウイルスの起源については、この論断を支持する証拠はまだない」と反論。

「新たなウイルス感染におけるコウモリの重要性が知られているため、世界中の研究所でコウモリのウイルス研究が行われている」と付け加えた。

ドワイヤー氏は最後に、「WHOは、依然として新型コロナウイルスの起源に関する全ての仮説が議論されているとした。新型コロナウイルスの起源に関する議論が増えるほど、ウイルス起源に関する研究の結果が出るまでに必要な時間は長くなる。また、証拠収集には異なる学問分野(公衆衛生、動物衛生、植物衛生、環境)や国境を越えた作業が必須になる。これは皆が責任を持って取り組むべきものだ」と指摘した。

(編集NA) 「人民網日本語版」2021年6月21日