乃木坂46・与田祐希らが20日放送の『乃木坂工事中』(テレビ東京系/毎週日曜24時)で“日本一高いバンジージャンプ”に挑戦。

与田が笑顔で成功した姿に「与田無双」と驚きの声が上がった。

番組では27thシングル「ごめんねFingers crossed」のヒット祈願企画を敢行。

本楽曲でセンターを務める4期生の遠藤さくらと、3期生の与田がバンジーにチャレンジした。

 高い所が苦手な遠藤に対して、“初バンジー”ながらも「絶叫系や高い所が好き」という与田は余裕の表情。

 しかしこのバンジーはなんと、高低差215m(ビル50階相当)という高さ。

飛ぶ際には命綱のハーネスのほかに、ウィングスーツというムササビのようなスーツを着用して挑む。

 1番手の遠藤は、恐怖で涙を浮かべながらジャンプ台に立ち、涙が止まらないながらも堂々ジャンプ。

見事に成功させ、「今回のシングルはいろんな思いも詰まっているシングルだから、ちゃんと私が飛ばないとなと思って」と強い意気込みを語った。

 続いて与田。

涙の遠藤に対して、与田は直前も余裕の笑顔。

しかしジャンプ台に立ち、下を見下ろすと、さすがに「怖いかもしれない」「ヤバいかも」「ここ来ると怖いね」と焦りを見せたが、覚悟を決めて指で「Fingers crossed」ポーズを決めてジャンプ。

まるでムササビのように飛ぶと、VTRを見ていたスタジオからは驚きの声が上がった。

 ジャンプ後も笑顔を見せていた与田。

その様子をVTRで見ていたMCのバナナマン設楽統は、「与田がこういう系で怖いのはなんだろうね?」とつぶやくと、与田は「バンジーやったし、ハブも退治できるし」と過去に同番組でチャレンジした「ハブ退治企画」を持ち出すと、スタジオは笑いに。

その“強心臓”ぶりを見せつける形となった。

 ファンからもSNS上に「与田ちゃんのムササビ最高」「与田無双」「与田ちゃんずっとニコニコしてるのすごい」「与田ちゃんの度胸えげつない」「与田ちゃんの度胸どうなってんの?」などの声が多数寄せられていた。