中日の与田剛監督(55)ら首脳陣、選手、チーム関係者約60人が21日、東京都千代田区の中日新聞東京本社で新型コロナウイルスワクチンの職域接種を受けた。

  与田監督は「痛くありませんでした。だるさなども出ていません。ワクチン接種も予防の一環だと思います。 無事にシーズンを終えられるようにこれからも予防につとめていきたいと思います」とコメントした。

今後も希望者には職域接種を予定している。

引用元:中日新聞