6/21(月) 19:27 オリコン 東京スカイツリー「ヨガの聖地」に認定 東京スカイツリーが「ヨガの聖地」として認定  東京スカイツリーが「国際ヨガの日」である6月21日、プロフェッショナルヨガ検定のプロモーション団体としてインド政府とMoU(連携協定)を締結している一般社団法人全日本ヨガ連盟より「ヨガの聖地」として認定された。

 当日の認定イベントでは、全日本ヨガ連盟理事長の大橋一陽氏よりヨガの聖地認定証が授与され、サンジェイ・クマール・ヴァルマ駐日インド大使閣下によるお祝いのスピーチが行われた。

そして、東京スカイツリーにちなんだオリジナルのヨガポーズも初披露。

セレモニー終了後は東京スカイツリー天望回廊 フロア450にて、全日本ヨガ連盟によるヨガレッスンを実施した。

 東京スカイツリーでは2016年の国際ヨガの日より、定期的にヨガイベントを実施してきた。

ヨガとは心の安定を目的とし、呼吸・瞑想・ポーズを取り入れながら、心身共に健康で充実した生き方を目指すものであり、展望台からの景観を望みながら行うヨガは心を静めるには最適。

そのような背景から、東京スカイツリーがこのたび正式に『ヨガの聖地』として認定されるに至った。

 また、今回ヨガの聖地として認定されたことをきっかけに、地上450メートルの非日常空間で実施するヨガは心身ともに良い効果が得られるということを、改めて多くの人に知ってもらいたい想いから、今年の秋より天望回廊での定期的なヨガレッスン『SKYTREE YOGA』をスタートすることが決定。

詳細は後日改めてお知らせ。