埼玉県さいたま市大宮区のインターネットカフェで女性従業員を人質にして男が立てこもった事件で、監禁容疑で逮捕された住所不定、無職の男(40)が女性従業員に「物が壊れた」と声を掛けて個室ブースに呼んでいたことが20日、県警への取材で分かった。

現場からはカッターナイフが押収された。

県警は20日、容疑を逮捕監禁致傷に切り替えてさいたま地検に送検した。

<大宮立てこもり>突入の瞬間、一斉に慌ただしくなった警官ら 驚く人々「動機が気になる」  県警によると、男は16日午後8時ごろに、さいたま市大宮区桜木町のインターネットカフェ「マンボ―プラス大宮西口店」を訪れた。

17日午前8時ごろに一度退店した後、約2時間後に再び来店した。

 17日午後2時すぎ、7階フロアを歩いていた女性従業員に「物が壊れたんだけど見てくれないか」と声を掛け、女性が部屋に入って物が壊れていないことから出ようとした際、後ろから首に手を回して引き倒して監禁した。

女性は首などに2週間のけがを負った。

 立てこもっている間、説得を続ける県警の捜査員に、男は「甘いものが欲しい」と要求。

ドアのアクリル板を開けて渡すよう指示した。

 県警は工具でドア中央に約10センチの穴を開けて、18日昼前に菓子パンやペットボトルの茶を差し入れた。

男と女性がそれぞれ受け取り、女性の安否が確認できた。

穴は男がふさいだ。

 男は立てこもっている間、「死にたい」「近づいたら殺す」「近づいたら一緒に死ぬ」などと言っていた。

逮捕後は県警の調べに受け答えはしているが、言いたくないところは答えていないという。

 現場からはカッターナイフなど凶器となり得る道具類が押収された。

ネットカフェの会員証は9日に都内の系列店で作っていた。

事件の店以外の複数の店も利用したことが確認されている。

 県警は20日午前、容疑を逮捕監禁致傷に切り替えてさいたま地検に送検した。

大勢の報道陣が駆け付けた大宮署で、男は白いシャツ姿で車に乗り、頭を伏せていたため顔は見えなかった。